前回、電子タバコで禁煙できるか検証した結果、私には電子タバコだけでの禁煙は不可能だという結論にいたりました。

 

で、「紙巻タバコ」や「加熱式タバコ」に戻ったかといえば答えはNoです。
折角、電子タバコを3機種取り揃えたと言うこともあるのですが、電子タバコのフレーバーの種類が豊富なこと、好みの味を好きなときに味わえること等、タバコにはないメリットが多くある電子タバコに魅力を感じているのも事実ですが、「紙巻タバコ」や「加熱式タバコ」の匂いが臭く感じられるようになったのが1番の理由です。コスト面もそうですけどね。

では、ニコチンリキッドを格安で販売している「HiLIQ」で購入して、自作した場合のコスト面を見てみましょう。

私がHiLIQで購入したリキッドはこれ!

ニコチン入りリキッド等の個人輸入は1回(1月?)120mlまでと決まっています。
これはニコチン入りリキッドとノンニコチンリキッドを混在して注文した場合も最大で120mlとなっているので、あまり1度に大量注文しないように気をつけましょう。

場合によっては税関で中身の確認が入ってしまいます。

HiLIQ購入リキッド

で、私が購入した商品が上の写真となります。

商品名 価格
ニコチンベース液 30ML (50mg/ml )PG100% 450.87円
HILIQ香料原液 30ML:Red Bull(レッドブル) 1228.87円
HILIQ香料原液 30ML:Vanilla(バニラ) 1228.87円
GREAT SPIRIT リキッド30ML:70%VG : 30%PG 902.87円
スポイト式のガラス空ボトル10ML 135.6円
送料 1310.8円

ニコチンベース液と香料・リキッドを合わせて120mlになるように購入しました。送料を含めて5257.88円、実際は$(ドル)で支払っているので若干の違いはあると思いますがこんな感じです。

これとは別にAmaoznで「ファンタジーグリセリン(VG)、プロピレングリコール(PG)ミックス品 (混合比VG60:PG40(250g))」を購入しました。

これに香料とニコチンベースを入れることで、美味しいニコチン入りリキッドを作成します。

私は、混合比VG60:PG40を購入しましたが、爆煙仕様にする場合は混合比VG70:PG30のものを購入しましょう。但し、粘度があがるので扱いづらくなりますので、はじめての場合は、私と同じ混合比のものを購入して様子を見ながら混合比を変更してもいいと思います。

ニコチン入りリキッドを自作します

ちなみに「HiLIQ」からはこんな感じで配達されます。

「HiLIQ」からの配送

しっかり梱包され、ガラス製品は緩衝材がまかれているので、割れとうの心配はあまりないかもしれないです。

あらかじめ、100均やAmaoznで注射器を購入しておくと、少量のニコチンベース液を計るのに便利です。

ニコチンリキッド自作

私は初体験時は、ニコチンの入っていないリキッドにニコチンベースを入れる簡単な方法でニコチン入りリキッドを自作しました。慣れないうちはこの方法が間違いないです。

はじめにリキッドを小瓶に10ml移します。

リキッドを移す

続いてニコチンベース液を計ります。

ニコチンを計量

初心者の方はニコチンベース液  (50mg/ml )PG100%を購入しましょう。

あまりのニコチンが濃い液を購入してしまうと危険も高まるし、計量が少量となり間違いの原因に繋がります。私は1度、計算の2倍のニコチンを入れてしまい濃すぎて大変な思いをしましたので、くれぐれも高濃度ニコチンリキッドは作らないようにしましょう。

電子タバコの吸引方法や回数によって違いが出てくると思いますが、私の場合は最終的にニコチンの量が3mgになるように計算してリキッドを作製しています。

少しわかりづらいですが、10mlのリキッドに0.65mlのニコチンベース液を加えることでだいたい3mlのニコチン入りリキッドが出来上がります。

ニコチンの量

リキッドにニコチンを添加しただけでは、分離しているので、付属のピペットでしっかり攪拌します。この攪拌が不十分だと、高濃度のニコチンを吸ってしまう危険があるので、面倒でもしっかり攪拌しましょう。

出来上がったニコチンいりリキッドは、ご自身の電子タバコに注入してお楽しみください。

この時にニコチンが少ない、もしくは濃いと感じるようであれば、次回作製時に調節しましょう。

先ほどもいいましたが、私は3mgのニコチンリキッドで十分満足できています。
そしてこのリキッドを1日で5ml程度消費しています。

まだ、細かいコスト計算はできていませんが、1日5ml程度の使用量だと1ヵ月で160ml程度なので、1ヵ月2,000円もあればお釣りが出そうな感じとなっています。

知識が不十分だと危険を伴う、ニコチンですが、安全に注意することで格安でニコチンを摂取できるので、タバコを購入する必要がなくなりお財布にやさしいですよ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事