2019年10月1日から、経済産業省が主導する「キャッシュレス・消費者還元事業」のスタートに合わせてKyashでも変更がなされ、現在行われている2%キャッシュバックが「Kyashポイント」に変更されます。

さらに今まで2%還元だったキャッシュバックが1%へと減額されてしまいます・・・。

2019年9月30日までは、クレジットカード(楽天カード)+Kyash=3%還元を受けることができるので、高額商品のお買い物は9月30日までに済ましておきましょう。

 

プリペイドカードkyashとは?

kyashトップページ

 

kyashは初め『個人間送金アプリ』として登場しました。個人間送金アプリとは「銀行などを介さずに、個人同士で送金しあえるアプリ」で銀行などの送金と異なり、手数料がかからないことから、現在注目され多く方が利用しているアプリです。

さらにそんな便利なkyashにリアルカードが登場しました。リアルカードは『いつでも、どこでも2%キャッシュバック!』を掲げたプリペイドカードとなっています(2019年10月1日~は1%ポイント還元へ変更)

 

kyashでショッピングするだけで最大3%還元(2019年9月30日まで)

kyashを使うと3%還元

 

いつもの買い物をKyashで決済するだけでいつもの支払いが2%お得!
※Kyashでは支払金額の2%がKyash残高としてキャッシュバックされます。

さらに、Kyash残高へのチャージ方法として「Visa/Mastercard」ブランドのクレジットカードを紐付けると紐付けたクレジットカードのポイントも獲得することができます。

と言う理由で、知っている人には滅茶苦茶重宝されていたプリペイドカードでした。

 

ポイントプログラム「Kyashポイント」スタート

しかし、お得な方法はいずれ改悪されてしまうのが世の流れ。Kyashも世間の波に流されてしまいました。

Kyashが改悪されても、「キャッシュレス・消費者還元事業」もスタートするので、対象加盟店での利用では、さらに5%または2%のポイントが還元されるから実質改悪ではないよって言うのがKyashの言い分ですが、この「対象加盟店での利用では、さらに5%または2%のポイントが還元」も期間限定の処置ですので、実質改悪と言えます。

 

Kyashの変更点を比べてみた

キャッシュバック Kyashポイント
リアルカードを有効済みの方 2% 1%
バーチャルカードのみ発行の方 2% 0.5%
QUICPay 2% 0%
還元時期 翌月末 即時

 

変更点1 還元率の変更

1番の変更点は、今まで2%還元だった還元率が1%への半減となります。

さらに、バーチャルカードのみを発行されている方はさらに酷く、2%還元から0.5%還元へと実質1/4へと減額されるので、2019年10月1日までにリアルカードを発行しておきましょう。

 

変更点2 Kyashポイントの導入

Kyashポイントの導入。

今までは利用した金額の2%が翌月末にキャッシュバックされ、手続きをとる事無くすぐに使うことができましたが、10月1日からは、利用後即Kyashポイントが1%還元されるようになります。

Kyashポイントは1ポイント=1円として1ポイントから使うことができますが、Kyash残高にチャージしないと使うことができないので、ユーザーとしては手間が1つ増えたことになります。

 

変更点3 QUICPayによる決済、その他一部の取引が対象外へ

QUICPayを利用中の方にとっては、スマホだけで支払いが出来る利便性が受けていた決算方法でしたが、2019年10月1日からはQUICPayによる決済ではポイント還元対象外となります。

その他一部の取引に関しては詳細が書かれていないので10月1日以降に発表される可能性があるので、そのときに確認しましょう。

 

2019年10月1日からのKyash運用方法

私のKyash運用方法は、2019年9月30日までと変わらず、Kyashリアルカードに楽天カードを紐付けし、支払いをKyashで行っていく予定でいます。

今までに還元率が半減されたとは言え、楽天カードを紐付けすることで、実質2/3の減額に留まるので特に変更する予定はありません。

 

最高の還元率を受ける方法はこれ

2019年9月30日まで楽天カードを紐付けした楽天ペイで支払いをすると5%還元のキャンペーンが開催されていますが、10月1日以降はこのキャンペーンが終了していると思うので、Kyash利用で最大の還元率を受ける方法として楽天ペイを活用する方法を紹介します。

  1. 楽天カードからKyashにチャージ。
  2. 楽天ペイの支払いカードをKyashに指定する。

 

以上の方法が1番多くの還元を受ける方法となります。

  • 楽天カードからKyashにチャージで1%還元(楽天スーパーポイント)
  • 楽天ペイの支払いをKyashに指定することで1%還元(Kyashポイント)
  • 楽天ペイでの支払いで0.5%還元(楽天スーパーポイント)

 

と合計2.5%の還元を受けることができるようになりますので、スマホをお持ちの方は楽天ペイの導入を検討しましょう。

とは言え、「その他一部の取引が対象外へ」とあるので2019年10月1日になってみないと楽天ペイでの支払いも対象外となっている可能性もあるのでご利用前に確認する必要がありますね。

 

Kyashをお持ちでない方は

現在Kyashをお持ちでない方は、ポイントサイト【ワラウ】のスマホサイトから申し込みをすると、Kyashにもチャージできるポイントが600円相当もらうことができるので、ワラウを経由してKyashを発行しましょう。

 

Kyashはワラウ

 

 

Kyash改悪 まとめ

Kyashの還元率が2%から1%へと半減されてしまいますが、2019年10月以降もKyashを使ってショッピングするのが最良の方法になると思います。

PayPayやメルペイなどもキャンペーンを開催する可能性もありますが、使える店舗に限りがあるので、VISA加盟店であれば使うことができるKyashの方が利用機会は多いはずです。

経済産業省が主導する「キャッシュレス・消費者還元事業」がどのように運用されるのか、現状でははっきりしていないので、残り1ヶ月で間に合うとは思えませんが・・・無理やり間に合わせるのでしょうね。

Kyashが本当の意味で改悪されてしまう前は、Kyashを使うことが1番最良の方法であることには間違いなさそうですね。

 


2019年注目ポイントサイト

私の選ぶ2019年大注目ポイントサイトは「warau(ワラウ)」です。

ワラウ
オリジナル無料ゲームがパソコン&スマホサイトにあり、毎日ゲームに参加することで最大432円分のポイントを(おすすめ3ゲーム)貯める事が可能です。他にもゲームがあるので1ヶ月に500円以上稼ぐことも可能だと思います。
広告はあまり利用しないけどお小遣いを稼ぎたいコツコツ派や広告をあまり利用できない小学生や中学生におすすめのポイントサイトとなっています。
登録時は下のバナーから登録することで登録ボーナスのプレゼントがあります。

遊べるポイントサイト ワラウ

当ブログおすすめのお小遣いサイトベスト3。

どのサイトも初心者からベテランまで納得できるシステムとなっているので、ご自身のライフスタイルにあったお小遣いサイトを見つけて活動する事が、多くのポイントを貯めるコツとなっています。

ポイントタウン

貯まったポイントは2,000ポイント(100円相当)から現金やAmazonギフト券とうに手数料無料で交換することができるので、お小遣いサイト初心者の方にとっても優しいサイトとなっています。

ネットでお小遣いを稼ごうと考えている方はポイントタウンから始めましょう。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ハピタス
余計なゲーム等が無い、ネットショッピングや案件利用に特化したお小遣いサイト。
その為、還元率は高く設定されているので、ゲーム等でポイントを貯める時間が無い方は【ハピタス】への登録が1番だと思います。

サポート体制もしっかりしているので困ったことがあっても安心、問い合わせ時の返答の早さも魅力です。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事